海外カンファレンス(Microsoft Ignite 2019)に参加してきました。

昨年に引きつづき、今年も海外カンファレンス(Microsoft Ignite 2019)に参加してきました。ホテルには7晩泊まったので7泊9日っていうんですかね。もう時差もあるしよく数え方がわかりませんが…。

英語周りに関しては昨年参加時の状況とあまりかわってない感じですが、流石に少しは上達を感じることができました。

  • セッションで話されるはっきりしたIT系の英語はほぼ全部聞き取れる。
  • セッションで話される英語を聞きながら、Tweetしたり、写真を取ったり、文字を読んだりの「ながら作業」は以前より随分やりやすくなった気がします。上達を感じました。
  • 合計4人、合計6人、合計15人、合計20人くらいの4つの1時間~1時間30分程度のディスカッションの場に参加してきました。3つは日本人は私1人。1つは日本人6人くらい。
    • 少人数のディスカッションの場では順番に意見を求められ、発言もしつつ、きちんとディスカッションとして成立させることができました。
    • 人数が多くなると、(おそらく)ネイティブ同士の会話も多くなりましたが、ITの具体的なトピックがわかっている中での会話なのでほぼ全部理解できました。
    • でも、人数が多くなるとかなり「聞いてるだけ」になっちゃいました。そもそも、自分と状況が違うから口をはさむまでもないということもありますが。

でもやっぱり、ITの話じゃない英語は全然わからないです。今回はイベントのパーティーでユニバーサルスタジオに行ったときの、アトラクションの待ち時間が一番残念でした。スタッフの方が映像と掛け合いでジョークを言っててみんな爆笑なのに全然意味がわからず…。多分かなり私の知らない単語が沢山使われているんだろうとは思うのですが。そこだけ切り取って字幕もつけて何度も聞き取れるようになるまで繰り返したい感じでした。

そろそろまた、英語の映画とかドラマとかを見て、きちんと英語字幕通りに聞き取れるようになるまで繰り返すような練習が必要かもしれません。ITの分野以外で。

Huluが英語音声英語字幕ができてよいという話を聞いたので、Huluを契約してもいいかもですなぁ。Amazon Prime Videoが英語字幕に対応してくれたら一番助かるのですが…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。